2005年06月14日

【即興演奏レッスン中級3】効果的に転調する

まず、この演奏を聴いてみてください。

同じメロディが転調されながら繰り返されているだけです。
そう、たったひとつのメロディでも、転調の技術を身につけるだけで、こんなに表現の幅を広げることができるのです。

ここでは3音上に転調する練習をしてみましょう。

まずは
【練習1】C-Am-F-G
この曲のキーを3音上げて、書いて下さい。

E♭-Cm-A♭-B♭ 
黒鍵がたくさんでてきましたがどうでしょう?
弾けそうですか?

【練習2】
この曲を続けて弾いてみましょう。
C-Am-F-G-E♭-Cm-A♭-B♭
どうですか?世界がぐぐっと広がる感じになりましたか?


posted by 即興演奏 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 即興演奏中級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16563074

この記事へのトラックバック

転調
Excerpt: 転調 転調とは曲中で音楽の調を変える事をいう。 2つの調に共通する和音を介しての近親調への転調として属調、下属調、同主調、平行調への転調が良く行われる。 古典派音楽の時代には、近親調への転調が主で..
Weblog: 音楽を奏でる(理論編)
Tracked: 2006-08-19 18:29