2004年02月25日

【即興演奏レッスン初級7】左手のパターンを増やす

レッスン5で左手はどういう風に弾いていましたか?
(1)二分音符(伸ばして弾く)
(2)四分音符(一拍ずつ弾く)
のどちらかだったと思います。

このパターンを少し広げてみましょう。
(3)バラして弾く。指は小指、中指、親指、中指の順番で。演奏例
(4)バラして弾く、その2。指は広げます。指使いは小指、中指、人指指、親指の順番で。演奏例
(5)和音をふたつ+ひとつで押さえる。つまりC(ドミソ)のコードの場合

ひとつめはミとソを押さえる。
060425_1056~01.JPG

ふたつめはドを押さえる。
060425_1056~02.JPG

これをつなげて弾くとこのようになります。

これは難しい。かなりの指の運動神経が必要です。でも、地道に練習すれば必ずできるようになります。挑戦したい人は、電車の中、授業中、会社で、ぜひ指を動かし続けてください。

最後に、いろいろなパターンを混ぜながら即興演奏してみましょう。
こちらを聴いてみてください。
posted by 即興演奏 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 即興演奏初級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17019365

この記事へのトラックバック